HOME

明和病院 ホーム
  • 明和病院の特徴
  • 診療科目
  • 在宅医療
  • ご案内マップ
  • 診療時間

取得施設基準について

運動器リハビリテーション料の対象患者

1 運動器リハビリテーション料の対象患者
上・下肢の複合損傷、脊椎損傷による四肢麻痺その他の急性発症した運動器疾患又はその手術後の患者
※上・下肢の複合損傷(骨、筋・腱・靭帯、神経、血管のうち3種類以上の複合損傷)、脊椎損傷による
四肢麻痺(1肢以上)、体幹・上・下肢の外傷・骨折、切断・離断(義肢)、運動器の悪性腫瘍等のもの
関節の変性疾患、関節の炎症性疾患その他の慢性の運動器疾患により、一定程度以上の運動機能及び日常生活能力の低下を来している患者
関節の変性疾患、関節の炎症性疾患、熱傷瘢痕等のによる関節拘縮、運動器不安定症等のもの
2  運動器リハビリテーション料の注2に規定する別に厚生労働大臣が定める患者
上・下肢の複合損傷、脊椎損傷による四肢麻痺その他の急性発症した運動器疾患又はその手術後の患者であって、入院中患者以外のもの
関節の変性疾患、関節の炎症性疾患その他の慢性の運動器疾患により、一定程度の以上の運動機能及び日常生活能力の低下を来している患者
 

脳血管疾患等リハビリテーション料の対象患者

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血その他の急性発症した脳血管疾患又はその手術後の患者
※脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、脳外傷、脳炎、急性脳症(低酸素脳症等)、髄膜炎等のもの
脳腫瘍、脳膿瘍、脊髄損傷、脊髄腫瘍、その他の急性発症した中枢神経疾患又はその手術後の患者
※脳膿瘍、脊髄損傷、脊髄腫瘍、脳腫瘍摘出術などの開頭術後、てんかん重責発作等のもの
多発性神経炎(ギランバレー症候群)、多発性硬化症、末梢神経障害(顔面神経麻痺)等、パーキンソン病、脊髄小脳変性症その他の慢性の神経筋疾患の患者
※パーキンソン病、脊髄小脳変性症、運動ニューロン疾患(筋委縮性側策硬化症)、遺伝性運動感覚ニューロパチー、末梢神経障害、皮膚筋炎、多発性筋炎等
失語症、失認及び失行症並びに高次脳機能障害の患者
難聴や人工内耳埋込手術等に伴う聴覚・言語機能の障害を有する患者
※音声障害、構音障害、言語発達障害、難聴に伴う聴覚・言語機能の障害又は人工内耳埋込手術等に伴う聴覚・言語機能の障害をもつ患者
顎・口腔の先天異常に伴う構音障害を有する患者
外科手術又は肺炎等の治療時の安静による廃用症候群その他のリハビリテーションを要する状態の患者であって、一定程度以上の基本動作能力、応用動作能力、言語聴覚能力及び日常生活機能の低下を来しているもの
※外科手術又は肺炎等の治療時の安静による廃用症候群、脳性麻痺等に伴う先天性の発達障害等で、治療開始時のFIM115以下、  BI85以下の状態等のもの
リハビリテーションについてお気軽にお問い合わせ下さい。

医療法人団 同仁記念会 明和病院
リハビリテーション科
後藤 秀治(ゴトウ ヒデハル)

TEL:03-3251-0263
FAX:03-3251-1451

ページの先頭へ